3歳牝馬の頂点を決めるレース。牝馬クラシックの中では最長距離の2400mでスピードだけでなく、スタミナも要し、さらには東京競馬場の直線の長い叩き合いで伸びる脚も要する。ステップレースの一つのG1桜花賞は芝1600mであるし、その他のレースも概ね2000m以下で、未知の領域の1戦となる。

oaks_course

毎年、各馬距離は大丈夫?とか巻き返しに期待など言われますが、正直走ってみないとわからない部分も多いと思われます。その為、多少荒れ傾向のあるレースです。ただし、このレースを勝った馬は後からも強い馬として残ってますね。

オークス(優駿牝馬)の基礎データ

グレードGⅠ
賞金

110,000,000円

メーターは同じグレード内での賞金額の高さを表しています。

レース条件サラ系3歳 (国際) 牝 (指定) 定量
コース条件2400m 芝・左

優駿牝馬(オークス)のコースの特徴

【東京競馬場】芝2400mコースの特徴とレース傾向、データ分析

↑コースの傾向分析は上記ページで行っています。

スタートから最初のコーナー(1コーナー)までは349.5mと短く、一般的には外枠不利のコースになります。7,8枠に逃げ場などが入った場合は、基本無理をしないと前を取ることは出来ません。スタミナとタフさも要求されるコースですので、最初に無理に前を取りに行っては勝てないといえます。

脚質に関しては、逃げ馬は標的にされて厳しい部分があります。基本的に最後の直線での追い比べで4コーナーから伸びて、最後の100~200mでもう一伸びする能力が必要になります。スローペースになってもバテる馬が多いですので後半の伸び脚・切れ脚重視で馬券を組み立てたいところです。

オークスあたりになると芝の内側の方に痛みが目立ってきます。この頃から内ラチを外側に移動させたりしますが、それでもやや内の痛みで伸びないところもあるので、馬場の4分どころぐらいより外が伸びる傾向があり、4コーナーまではじっくり乗って伸びる部分を見つけて馬群を捌くのが主なジョッキーの作戦です。

優駿牝馬(オークス)へのローテーション

まずは前走桜花賞組がそのまま出走するパターン(最近では距離適性でヴィクトリアマイルを選ぶ馬もいる)と、桜花賞の同日のステップレース忘れな草賞や、東京競馬場のフローラステークス出走で上がってきた馬が新しい顔ぶれになります。

オークス目標で出走してきているので、ここが目一杯という馬が多いでしょう。牝馬ですので使いすぎるとしんどい部分もあり、ステップレースまで休み無しに来ている馬はオークスはちょっと厳しいかもしれません。

東京芝2400mは各馬にとって未知の領域で、やはりタフなレースになりますのでなるべくフレッシュな状況で走れるほうが望ましく叩き3走目ぐらいまで、そうなると桜花賞組は概ね叩き3走で理想な使い方です。

どの馬もこのレースが終われば、一旦休養となるでしょう。

優駿牝馬(オークス)の過去10年の結果・ラップタイム解析など(2021年版)

オークスの過去10年の勝ちタイム、ラップタイムなどの情報です。

東京2400mはチャンピョンコースということもあり、多くのレースが上級戦(オープン以上)になります。そのため、G1以外の競走の平均とオークスとはあまり変わりませんが、上がり3Fの脚がより使えないと勝てない印象ですね。

特に坂の来る上がり2Fあたりでもペースが落ちずに伸びる馬に勝機ありです。想像以上の最後の直線偏重レースでしょう。

また最初の2F目も特出しているように1コーナーまでの、ポジション争いも熾烈です。ここである程度いいポジションを取らないと、道中で脚を使うわけにも行きませんし、やはり中枠より内側がオークスでは良いゲートと言えます。

オークス(優駿牝馬)のクワドラント適性

クワドラント適性:OTタイプ
この時期の3歳牝馬に過酷な東京チャンピョンコース。実力差がはっきりと付きやすい長い直線を擁し「伸び切る力(T)」と「バテないタフさ(O)」の両方が必要な典型的なOTコース。

優駿牝馬(オークス)の馬券考察、予想対策

このレースはクラシックコース適性のある強い馬が勝つ傾向があります。そうすると最近ではディープインパクトのような良血(適正のある血)が結果を残しやすいですね。

血筋と今までのレースの格は気にしたいところです。

展開に関しては簡単に逃げ切りはさせてくれないレースで、先行争いもどちらかと言うと「先手を取る」と言うよりは「先に行かされて目標にされる」イメージがあります。4コーナーまではじっくり後方待機で長い直線のでしっかり伸びる脚を持っていそうな馬を選びたいですね。

スローペースにはなりやすいのですが、やはり牝馬にとって初めての2400mの距離はきつく、バテる馬も多いです。バテては勝てないので能力や適性のある馬、そして比較的フレッシュな馬を選びたいです。

牝馬の競走馬にとって最初の目標レースになります。強い馬が勝つのですが、まだ強いか判断がつかない状況でもある時期です。素質開花!なんてレース後に言われたりするので少ないレース数で何か光るものがあったか注意しておくと狙い馬が出るかもしれません。

馬券的に狙い目は桜花賞の着順が低かったけど、広い東京コースに適正がありそうな馬、距離不安説を問われて人気を落としている実力馬(基本的にどの馬にとってもタフな競馬なためスローペースなるから)。逆にオークス切符を手に入れるために使い詰めの馬はバッサリ切り捨てても良いかもしれません。